特定非営利活動法人あけび

メニュー

ホーム>あけびとは

あけびとは

みんなの集える場所がほしいね

「みんなの集える場所」をつくりたい、そんな想いから神経難病の患者を中心とした作業所を みんなの力で立ち上げたのがあけびの始まりです。

現在は、作業所と3ヶ所のデイサービス、パーキンソン病友の会姫路支部の事務所を運用しており、神経難病の患者や家族に寄り添い日々歩んでいます。なかまと共に新しい自分を発見し、患者と家族により生きがいのある生活を送っていただくためのきっかけをより多く提供していきたいと考えています

ご挨拶「仲間と共に希望を持って」副理事長より皆様へご挨拶とメッセージをお届けします。

理念

  1. 1.地域の神経難病の方々のQOL(生活の質)の向上を医療関係者と共に目指します。
  2. 2.神経難病の方々の「閉じこもり」「寝たきり」をなくし、人として尊厳ある日常生活を送れる様に、ADL(日常生活動作能力)の維持・向上を患者・家族の方々と共に考え、共に行動します。

基本方針

  1. 1.神経難病の患者さんの残された能力を引き出し生きがいのある生活が送れるように共に歩みます。
  2. 2.神経難病の患者さんの情報交換の場として、医療・福祉等必要な情報の提供に努めます。
  3. 3.神経難病の患者会等に参加し、地域及び県内外の仲間との交流を図ります。
  4. 4.介護者の方々の相談会を開催し心身の健康に努めます。スタッフの神経難病への教育研修を実施し、神経難病のスペシャリストとなるように努めます。

沿革

  • 2004年4月

    小規模作業所ワークハウスあけび開所
    (神経難病主にパーキンソン病の患者)

  • 2004年9月

    通所介護施設デイサービスあけび開所

  • 2010年7月

    通所介護施設デイサービスあけびの実開所

  • 2011年12月

    就労継続支援B型ワークハウスあけび
    姫路福祉作業所補助金交付要綱から障害者自立支援法に移行

  • 2014年7月

    通所介護施設デイサービスあけびの輪開所

  • 2016年2月

    デイサービスあけび・あけびの輪 統合

  • 2017年2月

    ワークハウスあけび 終了

  • 2017年4月

    グループリビングあけびの里 開所
    訪問介護ステーションあけび・訪問看護ステーションあけび サービス開始

あけびについてもっと知る
  • あけびとは
  • 施設紹介
  • アクセス

広報

  • あけびだより

活動紹介

  • あけびの日々
  • なかま新聞

関連リンク

  • 一般社団法人全国パーキンソン病友の会
  • 難病情報センター

トップへ戻る